CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
追想五断章[米澤穂信]
古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わった事件“アントワープの銃声”の存在を知る。二十二年前のその夜何があったのか?幾重にも隠された真相は?米澤穂信が初めて「青春去りし後の人間」を描く最新長編。
読むのをやめられないこの惹きつけ方は期待通りでした。

全編通して雰囲気はかなり暗く、主人公の芳光はやる気のない印象ですが、意外と切れ者且つ博学でどんどんと真相に迫っていくところが盛り上げてられます。芳光は事件から全くの部外者で、北里参吾の考えていることも、そして北里可南子の考えていることも、何も読めないというところもドキドキさせます。リドルストーリーという何故わざわざそんな遠回りなことをするのかということも気になり・・・

結末まで五断章が物語にどう繋がってくるのかが分かりませんでした。ひとつのどんでん返しは気付いたのですが・・

さて、読み終わってみて、なんだかしっくりこない。本当に読んだままで合っている?

以下、ネタバレ有り。
続きを読む >>
| や行(米澤穂信) | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
儚い羊たちの祝宴[米澤穂信]
「身内に不幸がありまして」、「北の館の罪人」、「山荘秘聞」、「玉野五十鈴の誉れ」、「儚い羊たちの晩餐」の5編収録。ラストの一行にこだわった作品だそうです。

全体的にダークな雰囲気でしたが、嫌な感じの終わり方ではなく、かなり満足できました。むしろ締めくくりのうまさに興奮冷めやらぬ・・な感じでした。5編の中でも特にラスト一行にぞくっと来たのは「身内に不幸がありまして」、「玉野五十鈴の誉れ」の2編ですね。特に「玉野五十鈴の誉れ」はやられた!と唸ってしまいました。。玉野五十鈴の心情がまったく分からないのがまたいろいろと想像させます。
続きを読む >>
| や行(米澤穂信) | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
遠まわりする雛[米澤穂信]


2作続けて米澤穂信さんの作品です。
こちらは古典部シリーズの続編です。4作目にして、初の短編集。前作までの3作でカンヤ祭までの出来事が描かれましたが、今作はまた入学当初に戻ります。そして短編が進むとともに一年が進んでいき、古典部の面々は高校一年生を終えます。「やるべきことなら手短に」、「大罪を犯す」、「正体見たり」、「心あたりのある者は」、「あきましておめでとう」、「手作りチョコレート事件」、「遠まわりする雛」の7編収録。

まず、ミステリーに関して。今回はあまり事件らしい事件は起きません。が、見えているほんの少しの状況から事実を言い当てる奉太郎の冴えは相変わらず。「心あたりのある者は」がお気に入りです。「(そんなバカなと思いつつ、)おー、お見事!」と言ってしまうラストはさすが。表題作「遠まわりする雛」もよかったです。

全体通して、これまでの古典部シリーズとは少し雰囲気が変わったような印象を受けました。上記のようにちょっとしたミステリーは相変わらずながら、加えて古典部のメンバー、特に折木奉太郎の気持ちが変化していく様が描かれます。古典部にいることで彼も少し変わってきているのでしょうか。著者のサイトによると古典部シリーズはまだ続いていくようなので、今後が楽しみです。と、いうより・・・「気になります。」
| や行(米澤穂信) | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
インシテミル[米澤穂信]


結城理久彦はコンビニでアルバイト情報誌を見ていると美しい女性から声をかけられた。「こういう雑誌に詳しい方ですか?」そして女性にアルバイトの募集要項について説明していると、驚くべき記述を見つけた。時給一一二〇百円。誤植なのか?だが、もし本当だったら・・・?結城理久彦は車がほしくて、応募した。

本屋で見かけてからずっとタイトルが気になっていました。「インシテミル」。いったい何だ?表紙を見ると「THE INCITE MILL」と書かれています。「INCITE」は「激励する」とか「扇動する」といった意味で「MILL」はコーヒーとかのミルを思い浮かべましたが「公共機関、施設」といった意味もあるようです。読み終えてなんとなーく意味は分かりました。

さて、内容は。直球、ミステリーです。12人の男女が集められ、外界から隔離された「暗鬼館」で1週間の実験・アルバイトにつき合わされます。しかし、もちろん!ただのアルバイトではないのです。

お見事!久しぶりに読む館ものにちょっとドキドキしましたが、思う存分楽しめました。米澤穂信さんはちょっと軽めのミステリーを書いているイメージでしたが、こういう作品もいいですね。
続きを読む >>
| や行(米澤穂信) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
クドリャフカの順番―「十文字」事件[米澤穂信]
氷菓、愚者のエンドロールの続編。

遂に、カンヤ祭を迎える。古典部は文集「氷菓」30部を売るつもりなのだが、なんと手違いで200部印刷されてしまう。200部売るため、古典部の知名度を高めようと部員たちは奔走する。一方、カンヤ祭では連続盗難事件が発生。この事件は古典部に絡んでくるのか・・・?

3作目となり、古典部のキャラにも慣れてきたのかな。今作は視点が古典部4人のものにコロコロと変わりながら進んでいくのだが、あまりイヤではなかった。特に千反田の視点のときは独特のマジメさが面白かった。キャラに慣れたからか、純粋に事件を追って読むことができ、すぐにのめり込んだ。

以下ネタバレあり。

続きを読む >>
| や行(米澤穂信) | 21:41 | comments(2) | trackbacks(1) |
愚者のエンドロール[米澤穂信]
文化祭に出展されるクラス製作の自主映画を見た古典部の面々。しかしその映画は脚本家が途中で倒れたため結末がなかった。古典部の千反田えるや折木奉太郎は結末を探し始める。青春ミステリだそうです。「氷菓」の続編。

前作を読んだ感想は、それぞれの話は面白いんだが、文章と登場人物の回りくどさが非常に気になる、というのだけ覚えている。(内容は完全に忘れた。もっかい読んでみよう)

この作品も前半、やはり折木奉太郎の回りくどさが気になる。自分に素直じゃないな、と。なので展開自体は面白いのになかなかのめり込めなかった。ただ途中、スポーツクラブの話あたりから高校生ってこんなものかなと思えた。そこからはスッと読んでしまった。一冊半読んでようやくハマってきたのかも。
| や行(米澤穂信) | 13:38 | comments(2) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |