CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
詩羽のいる街[山本弘]
あなたが幸せじゃないからーマンガ家志望の僕は、公園で出会った女性にいきなり1日デートに誘われた。確かにいっこうに芽が出る気配がない毎日だけど…。彼女の名前は詩羽。他人に親切にするのが仕事、と言う彼女に連れ出された街で僕が見た光景は、まさに奇跡と言えるものだった!詩羽とかかわる人々や街が、次々と笑顔で繋がっていく。まるで魔法のようにー幸せを創造する詩羽を巡る奇跡と感動の物語。
一気読みでした。

こんな人がいたら、こんな街があったら、楽しいだろうなあ。

そう思いながら楽しく、ワクワクしながら読めた久々の本!
| や行(その他) | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
バージンパンケーキ国分寺[雪舟えま]
女子高生のみほは、おさななじみの男子・明日太郎が、親友の久美と付き合い始めたことに、経験したことのない想いを抱く。そんなとき、町で不思議なパンケーキ屋さんに出逢う。店主のまぶさんが魔法のように作り出すパンケーキを食べ、みほはある決意をかため…。女子高生、白髪あたまの雲の写真家、旅行中の外国人女性ふたり組、訪れたすべての人が幸せに。ここは三百種類ものパンケーキと、温かな笑顔が集う場所。「バージンパンケーキ国分寺」へようこそ。
ちょっと不思議な登場人物の名前が気になった本、そしておいしそうなパンケーキを楽しむ本、でしょうか。

小説としてもどんどん読み進められました。ラストは幻想的過ぎたけど、さわやかでよかったです。
| や行(その他) | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
眠れるラプンツェル[山本文緒]
昨日も暇だった。明日もたぶん暇だろう。結婚6年目、専業主婦。子どもはいない。退屈でない暮らしなど、考えただけでゾッとする。多忙な夫は今夜も家に帰らない。この緩やかな生活に、猫と隣家の息子が飛び込んできてから、何かが崩れ始めた。封印したはずの衝動。少年との、二人だけの秘密。嘘は次第に周囲を巻き込んでー。マンション住まいの主婦の平凡な生活が一変する様を、ドラマティックに描いた傑作恋愛長編小説。
とても惹きつけられる本でしたが、恋愛小説なのかな、これは・・?

ちょっと怖くなりながら読んでました。自分を押さえつける、って怖いこと。
| や行(その他) | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スイッチを押すとき[山田悠介]
青少年自殺抑制プロジェクトセンターで、監視員として勤務する南洋平。ここでは、4人の少年少女に、自らの命を絶つ“赤いスイッチ”を持たせ、実験をしていた。極限状態で軟禁され、孤独に耐えられず次々と命を絶つはずが、この4人は“7年間もスイッチを押さない”という異例の子供だったのだ。彼らが生きたいと願うその理由を聞き、南たちは脱出を図るが、そこには非情な運命が待ちうけておりー。
かなり特殊な設定ですが、やっぱり気になるのでどんどん読んでしまいます。でも、ラストは都合良くストーリーが作られ過ぎているかな・・・
| や行(その他) | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
モニタールーム[山田悠介]
月収100万円という破格の仕事を見つけた徳井。その仕事内容とは、刑務所の地下のモニタールームで、いくつものモニターを見るという簡単なものだという。不審に思いながら、ひとつ目のモニターをのぞき込んだ徳井が見たモノとは、無数の地雷で隔絶された地帯に住む少年少女たちの姿だった!そして別のモニターには、牢獄に入った中年女性の姿が映し出されておりー!?山田悠介が放つ最高の絶対不可能ゲーム。
途中の盛り上げ感はさすがです。

しかしラストがなあ・・・

途中まではうまいラストに向かっていくんですが、最後はおそらく別の作品を読んでいないと分からないオチなのだろうな・・・
| や行(その他) | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイニーストーリーズ[山田詠美]
甘かったり、苦かったり、怖かったり。最高の日本語の使い手が腕によりをかけた、20余篇の恋愛がつまった宝石箱のような短篇集。
かなり久々の山田詠美さん。タイニーストーリーズというタイトルにまさに宝石箱のような雰囲気を感じて読みました。

確かにいろんなお話は詰まっていましたが、結局どういうことか?と思ってしまう話が多く、あまり印象に残らなかった・・・まだまだ感受性が不足しているのか?
| や行(その他) | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
グラツィオーソ[山口なお美]
数年前まで県大会突破すら考えられなかった弱小吹奏楽部が、謎の美人教師の指導で生まれ変わる!そして挑むは夢舞台「吹奏楽の甲子園」への出場権!吹奏楽に捧げる、爽やか青春ストーリー。
吹奏楽!青春です!

最近読んだ吹奏楽の初野晴さんの「ハルチカシリーズ」を思い出しつつ読みました。

努力あり、涙あり、そして恋もありで(しかも三角関係&幼ななじみまで)ばっちり青春小説です。そして、音楽ものはさらに青春感が増すような気がします。さわやかさがあるからでしょうか?

内容は王道です。べた過ぎか?と思いつつ、いや、「期待通り」です。こういうべたなものもたまには読みたくなります。満足です。
| や行(その他) | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダブル・ジョーカー[柳広司]
結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは-。表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。
ジョーカー・ゲームの続編です。

相変わらずの疾走感がありました。

が、ラストは少し気になる事にD機関の人間の失敗談。

ここからどう続いていくのか気になるところです。
| や行(その他) | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ためらいもイエス[山崎マキコ]
わたしは仕事以外になにもない、さっぱりとした日常をいたく気に入っていたはずだった―二十八歳にして処女、仕事ひとすじの奈津美に訪れた予想外のモテ期。三人の男を前に、はたして彼女は、棒に振ってしまった思春期を取りもどすことができるのか。愛すべき恋愛音痴のための可笑しくて、やがて切ないラブストーリー。
いやあ、いい読後感でした。何事も本気でやることが大事だなあ・・と改めて気付かされます。言うのは簡単ですが行動に移すのは難しいもので・・・

勇気付けられる本でした。

ギンポ君がいい味出してます。
| や行(その他) | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョーカー・ゲーム[柳広司]
結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。
「ジョーカー・ゲーム」、「幽霊(ゴースト)」、「ロビンソン」、「魔都」、「XX(ダブル・クロス)」の5短篇です。

スパイものはやっぱりハラハラします!けっこう短くあっさり読み終わってしまい、内容はそこまで印象に残ったわけではないのですが、魔王のような結城中佐の先読みっぷりだけはしっかり印象に残りました。

たしか続編が出ていたような記憶がありますが、今作になかった目を背けたくなる様なシーンも出てくるのかな。。
| や行(その他) | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>