CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レインツリーの国[有川浩]
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。まして、ネット内時間は流れが速い。僕は、あっという間に、どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒む彼女には、そう主張せざるを得ない、ある理由があったー。
素直になれる本。

知識として聴覚障害について増えたことも良かったけど、それ以上に「どうせみんなは分かってくれない」みたいなひねた気持ちを無くしてくれる本だなあ。
| あ行(有川浩) | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
別冊図書館戦争機κ椋図書館戦争供陵川浩]
晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行くー!?恋する男女のもどかしい距離感、そして、次々と勃発する、複雑な事情を秘めた事件の数々。「図書館革命」後の図書隊の日常を、爽やかに、あまーく描く、恋愛成分全開のシリーズ番外編第1弾。本日も、ベタ甘警報発令中。
“タイムマシンがあったらいつに戻りたい?”という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠くを見つめるように静かに答えたー「…大学の頃、かな」。未来が真っ白だった無垢な時代。年をとるごとに鮮やかさを増す、愛しき日々。平凡な大学生であった緒形は、なぜ本を守る図書隊員となったのか!?過去と未来の恋を鮮やかに描く、シリーズ番外編第2弾。
本編よりも甘々!本編よりもラブコメ寄りの本かな。堂上たちも全体的にちょっと甘くなってる感じがします。

気脇仮紊醗蝓兇麓萄蠅伴蠶諭

もっと読みたいなあ!

↓図書館戦争シリーズ
図書館戦争
図書館内乱
図書館危機
図書館革命
別冊図書館戦争
別冊図書館戦争
| あ行(有川浩) | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
三匹のおっさん[有川浩]
還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。
毎作いいキャラクター書きますよねえ・・・

気分爽快、痛快活劇なんだけど、起こる問題は実際にありそうな問題。
かなり引き込まれました。続編もあるので、そちらも楽しみに読みます。
| あ行(有川浩) | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館危機・図書館革命[有川浩]
思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでも恋も…!?危機また危機のシリーズ第3弾。
原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動謡する郁。そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだったー「お前はやれる」。表現の自由、そして恋の結末は!?感動の本編最終巻。
第3弾と第4弾。

あとがきにもあったが、3冊でいくか、4冊でいくかは売上次第だったよう。確かに(?)「危機」はちょっと中だるみした感じもしました。打って変わって「革命」はジェットコースター展開で、一気読み。そして堂上はカッコいい!

さらに別冊もあり、楽しみ。

↓図書館戦争シリーズ
図書館戦争
図書館内乱
図書館危機
図書館革命
別冊図書館戦争
別冊図書館戦争
| あ行(有川浩) | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館戦争・図書館内乱[有川浩]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。
図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していくーかくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?書き下ろしも収録の本と恋のエンタテインメント第2弾。
図書館戦争シリーズの第1弾と第2弾。

突飛な設定ながら、表現の自由のあり方に切り込むにはいい方法かも?そして、そんな難しいテーマをエンタテイメントとして届けてくれることが素晴らしい。

多少ベタ甘すぎて、ついていけないというか、辟易するところもあるんですが、でもやっぱり一生懸命な郁に情がわく作品です。

↓図書館戦争シリーズ
図書館戦争
図書館内乱
図書館危機
図書館革命
別冊図書館戦争
別冊図書館戦争
| あ行(有川浩) | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
県庁おもてなし課[有川浩]
とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。が、吉門からは矢継ぎ早に駄目出しの嵐ーどうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるんだ!?悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく奮闘する掛水とおもてなし課の、苦しくも輝かしい日々が始まった。地方と恋をカラフルに描く観光エンタテインメント。
こういう明るくて、前向きで、ちょっと恋ありの内容はさすがですね。

落ち込んだ時に読むと立ち直れる作品です。

そして途中から作家さんが「おもてなし課を舞台に小説を書きたい!」って。実は結構な範囲で実話!?
| あ行(有川浩) | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
植物図鑑[有川浩]
お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子ですー。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。
表紙といい、題材といい、ほっこりするのは間違いなしかなと思って読みました。

が、ちょっと甘すぎたかな・・・

雑草という名の草はない、の雑草さんたちはかなりおいしそうだった。そして、あとがきの有川さんがほとんど自分で作って食べたというところにも驚き。
| あ行(有川浩) | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ストーリー・セラー[有川浩]
小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けたー。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。
泣いてしまいました。。。分かりやすく泣かせようとしている感じなのですが、分かりやすく泣いてしまいました。
| あ行(有川浩) | 23:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
阪急電車[有川浩]
阪急電鉄の今津線の各駅を舞台に乗客たちの一瞬一瞬が描かれます。

一駅目に出てきた乗客が二駅目の主人公になり、二駅目に出てきた乗客が三駅目の主人公になり、、

そういう趣向かあ、と軽く思いながら読んでいましたが、段々「次はどの乗客の生活が浮かび上がるの・・?」と気になりだすんですね。うまい。。。やっぱり一人一人いろいろな一瞬がありますね。

読み終えてから、電車に乗るとチラチラ周りを見るようになってしまいました。。。。



| あ行(有川浩) | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |