CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
檸檬のころ[豊島ミホ]
保健室登校の女友達とのぎこちない友情。同級生と馴染めない、音楽ライター志望の偏屈な女子に突然訪れた恋。大好きな彼とさよならすることになっても、どうしても行きたかった、東京―。山と田んぼに囲まれた田舎の高校を舞台に、「あの頃」のかっこ悪くて、情けなくて、でもかけがえのない瞬間を切ないまでに瑞々しく綴る、傑作青春小説。
甘酸っぱいなあ。きらきらしてるなあ。確かに、自分の中のもやもやした部分が抑えようもなくて、かっこ悪くて、情けなくて、が伝わってくるんだけど、でも一篇一篇読み終えるたびにひとつ何かが変わったような雰囲気が伝わってきて、元気がでてきます。

あとがきによると「地味な人なりの青春」を書きたかったそうですが、これが普通なんじゃないかなあなんて思ったり。
| た行(豊島ミホ) | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |