CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
終末のフール[伊坂幸太郎]
2***年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから5年が経った。恐怖心が巻き起こす、殺人、放火、強盗…。社会に秩序がなくなり、世界中が大混乱に陥る中での、仙台市北部の団地に住む人々の葛藤を描く。自分の言動が原因で息子が自殺したと思い込む父親(「終末のフール」)、長らく子宝に恵まれなかった夫婦に子供ができ、3年の命と知りながら産むべきか悩む夫(「太陽のシール」)、妹を死に追いやった男を殺しに行く兄弟(「籠城のビール」)、世紀末となっても黙々と練習を続けるボクサー(「鋼鉄のウール」)、落ちてくる小惑星を望遠鏡で間近に見られると興奮する天体オタク(「天体のヨール」)、来るべき大洪水に備えて櫓を作る老大工(「深海のポール」)など8話で構成される短編小説集。
久しぶりに伊坂さん作品。伊坂さんの作品というと軽妙という言葉が一番イメージ強いですが、この作品はずいぶんと坦々とした雰囲気。印象に残ったのはラストの「深海のポール」、個人的に好きなのは「鋼鉄のウール」かな。これまで他の作品でも読んだ仕掛けですが、一つの短編が微妙に他の短編と繋がっているのは短編ながら長編のように引き込まれやすくていいですね。

読み終わって調べてみたらこんなサイトがありました。ちょっとしたミニゲームを楽しめ、創作秘話が読めます。創作の過程の話を読むのは作者の頭の中を少し覗けるようで面白い。


さて、この世界にいたとき、自分はどうするだろう?どうなるだろう?
自分は「鋼鉄のウール」の苗場さんのようでありたい。
| あ行(伊坂幸太郎) | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
アヒルと鴨のコインロッカー[伊坂幸太郎]
引っ越してきたアパートで椎名はいきなり隣人から書店強盗を持ちかけられる。琴美とブータン人ドルジはふとしたことからペット殺しと思われる若者と関わる。このふたつの二年間ずれた物語が交互に進んでいきます。

「ラッシュライフ」や陽気なギャングが地球を回すで感じたんですが、やっぱり頻繁に話が変わるのはなかなかついていけないなあ。のめり込めん。

後半、ふたつの物語がうまいこと繋がってくるんです。そこは確かに「やられた!」という感じなんですが、時既に遅し、物語には入り込めないまま終わってしまいました・・・
| あ行(伊坂幸太郎) | 23:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
陽気なギャングの日常と襲撃[伊坂幸太郎]
陽気なギャングが地球を回すの続編。

どんな嘘も見破れる男、時間を正確に計れる女、演説の達人、スリの達人という4人組銀行強盗ギャングの話。でも今回は銀行強盗がメインではなく、銀行強盗中に偶然見つけてしまった誘拐を解決しようと乗り出します。

4人バラバラの話で進んでいるかと思いきや、後半うまく絡んできます。さすが。

前作、視点が変わるのが非常に気になったんですが、今作はほとんどずっと4人が一緒に行動しているので視点が変わっているように感じられず、一体感を感じられました。

でも話はあまり好きになれないなぁー。ちょっと軽すぎるというか。それぞれの能力があまり生かされていないのも気になる。
| あ行(伊坂幸太郎) | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
魔王[伊坂幸太郎]
今まで読んだ陽気なギャングが地球を回す死神の精度とは毛色が違いました。あらすじは・・・説明しにくい。「魔王」と「呼吸」の2編収録。

うーん、すごいな。こういうのも書くのか。

ロックバンドの話、怒り続けるのが苦手の話、政治家は賢いか馬鹿かどちらが怖いのかというセリフ、スカートを直す話、ムードとイメージの話、ホントにいろいろな部分が印象に残ったんだけど、、、、やっぱり「考えろ考えろマクガイバー」が頭から離れない。

ところでふと思ったんだけど、この本は10年後に読んでも面白いのかな。
| あ行(伊坂幸太郎) | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
死神の精度[伊坂幸太郎]
死神は調査対象に接触し、「死」を実行するのに適しているかどうか判断し、「可」もしくは「見送り」の報告をする。まぁ、ほとんど「可」なんだけど。そんな死神によって調査される人間の話が6編。

確かにほとんど「可」なんだけど、暗くなるような話ではない。むしろ心地よい。
死神のキャラが活きている「旅路を死神」が気に入った。

短編集だけど、やっぱりところどころ繋がっている。これまで伊坂作品を何冊か読んでみて、この作品も繋がるんだろうな、とは思っていたけど、最後は気付かなかった・・うまいなぁ。
| あ行(伊坂幸太郎) | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
チルドレン[伊坂幸太郎]
陣内君を取り巻く人たちの物語が5編。あとがきにも書いてますが、短編集だけどひとつの長い物語として楽しめます。

陣内君いいなー。屁理屈の王様、「絶対」と決めてかかる、でも言ってることはころころ変わる、有無を言わさず周りを巻き込む。そんな自分勝手な人なのに、何故か物事はうまく進んでいく。全てに真剣だからかな、と思わせる。

元気になれる一冊。手元に置いてたまに読み返したい。

5編が過去と未来言ったり来たりでリンクしてるのも気に入った。伊坂幸太郎作品にちょっとハマりそう。
| あ行(伊坂幸太郎) | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
陽気なギャングが地球を回す[伊坂幸太郎]
どんな嘘も見破れる男、時間を正確に計れる女、演説の達人、スリの達人という4人組銀行強盗ギャングの話。

一言で言うとスカッとする話。ただ途中は頻繁に視点が変わり、あまりついていけなかったかなぁ。最終的に伏線が全部出てくるのはさすが。
| あ行(伊坂幸太郎) | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |