CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
<< 空想オルガン[初野晴] | main | 眠れぬ夜を抱いて[野沢尚] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
声を聴かせて[朝比奈あすか]

声を聴かせて
私と娘はまるで決めごとのように口にしないことがある。私たちがかつて失くした一つの命―。我が子の匂い、肌ざわり、息づかいがリアルに甦る慟哭の表題作他一篇。
「声を聴かせて」と「ちいさな甲羅」の二編です。「母」が取り上げられた作品なのですが、すごくリアルです。読んでて涙出そうになった。それぐらい伝わってきます。

初めての作家さんでしたが、結構気に入りそうです。
| あ行(朝比奈あすか) | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック