CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
子どもの頃から本が好きで、今も小説を読み続けています。中学生のときにやっていた「読書ノート」に倣い、読書の日記ブログをつけています。
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
<< 腕貫探偵[西澤保彦] | main | 千年ジュリエット[初野晴] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
名もなき毒[宮部みゆき]
今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、質の悪いトラブルメーカーだった。解雇された彼女の連絡窓口となった杉村三郎は、経歴詐称とクレーマーぶりに振り回される。折しも街では無差別と思しき連続毒殺事件が注目を集めていた。人の心の陥穽を圧倒的な筆致で描く吉川英治文学賞受賞作。
「誰か」の続編です。

なかなか分厚いのでゆっくり読むつもりだったのですが、途中からは寝る間を惜しんで一気に読んでしまいました。

まさに人間の「毒」、というか葛藤かなあ、を感じる終盤でした。さすがです。

原田いずみの気持ちも、分かるなあ。でもやっぱりゴンちゃんのように明るく前向きでいたい。
| ま行(その他) | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック